自賠責保険って?

自賠責保険についてあれこれ

加害者に保険金を請求可能な自賠責保険

投稿日 2015年5月21日 10:12 PM | 投稿者 りさ

自賠責保険の場合では、任意加入の自動車保険と異なって、補償される範囲が最低限必要とされる内容に限定されています。主に対人賠償に限定されており、上限額に関しては基本的には3000万円とされています。一見すると使い道の無い保険と勘違いされることが多いものですが、交通事故を実際に起こした方の中には知らぬ間に自賠責保険を利用している場合も見られます。普通は事故を起こした際には加入している自動車保険会社に連絡することになりますが、対人賠償が絡んでいる内容の場合では、自賠責保険が優先されていることが基本とされています。また、自賠責保険には他には無いメリットを持っており、その中には被害者となった方が加害者の加入している自賠責保険に保険金の支払いを直接的に請求できる内容を持っています。任意加入の自動車保険ならば、過失割合によって示談が終了した後に、初めて保険金が支払われることになりますが、自賠責保険の場合では、早い段階で受けてしまった被害が認定されることになり、例えば病院でかかる費用などに関しても早期に支払われるシステムが用意されています。事故による怪我などで、急な出費などによって金銭的に負担を感じている方の場合でも、便利に活用することができます。

コメントを受け付けておりません。