自賠責保険って?

自賠責保険についてあれこれ

知っておきたい自賠責保険の注意点

投稿日 2015年5月21日 10:13 PM | 投稿者 りさ

全ての自動車の所有者に加入が義務付けられている自動車賠償責任保険(自賠責保険)の注意点の一つとして挙げられるのは、支払限度額です。
自賠責保険の限度額は、損害保険会社が提供している任意保険の中から支払われる金額よりずっと低く設定されており、死亡の場合は3,000万円、後遺障害は認定された障害とその程度に応じて75~4,000万円、傷害の場合は120万円となっています。このため、遭遇した自動車事故の被害の程度によっては、自賠責保険だけでは相手方に支払うお金を賄うことができない場合があります。もし、事故に遭遇した時点で任意保険に加入していないと、限度額を超える部分については実費で支払わなければならなくなり、支払者にとっては多大な負担となります。この負担を軽減するためにも、自動車を所有するときには任意保険へ加入しておくことが重要です。任意保険に加入すると、事故の被害者へ支払う補償金の金額が自賠責保険の限度額を超過していた場合に、超過した部分については任意保険から支払われるようになります。
また、自賠責保険は、交通事故の被害者を保護する目的で設けられているため、遭遇した事故が人身事故でなければ適用することができません。物損事故だった場合は、被害を受けた相手方に対する補償金は、任意保険に加入していなければ全額自己負担となります。多額の補償金を支払わなければならなくなる可能性があることも考慮して、損害保険会社の任意保険には必ず加入するようにしましょう。

コメントを受け付けておりません。