自賠責保険って?

自賠責保険についてあれこれ

自賠責保険の証明書不携帯の場合の罰則

投稿日 2015年5月21日 10:14 PM | 投稿者 りさ

道路交通法と道路運送車両法で、車やバイクなど、車両を運転するときは、運転免許証はもちろん、車検証と自賠責保険の証明書の携帯が義務付けられています。
車検証や自賠責の書類は、万一の盗難に備えて常時乗せておかないほうがいいという人が、特にバイクの場合に見受けられますが、法律の定めではコピーではなく、原本を携帯していないと、30万円以下の罰金の処分があります。
バッグに入れておいても忘れる危険があるので、やはり車両やバイク自体に常時乗せておくのが安心です。
30万円は法定の上限で、実際にそこまでの金額にはなりませんが、取り締まりの対象にはならないよう注意しましょう。
自動車の場合は、車検の都度自賠責に加入をするので、加入漏れの心配はありませんが、250cc以下のバイクや原付では、車検を必要としないため、加入漏れ自体にも注意が必要です。
自賠責は、任意加入の自動車保険と異なり、加入が義務付けられているため、強制保険とも言われます。
事故を起こすつもりで運転する人はいませんが、もしもの時に後悔しても遅いので、期限切れの確認を含めて忘れないように、自動車税の支払時期などに更新時期の確認をする習慣を持つのがおすすめです。

コメントを受け付けておりません。